弘法霊水 大高寺奥の院 - 霊験巡礼

弘法霊水 大高寺奥の院

 茨城県高萩市は人口34,000人程度の都市であるから、都市というよりは町のような規模だろう。
 太平洋に面して、日立から福島県いわき市に向かった場所に位置する。のどかな町である。

 この町に「弘法霊水」があると聞いて、常陸路を北上することにした。常磐自動車道も水戸、日立と過ぎると交通量も減ってくる。

       霊泉5


 常磐自動車道の高萩インターチェンジから、県道で常磐線の高萩駅方向へと向かう。
「高萩それいゆ病院」の看板に沿って右折。左手に病院が見えてくる。

 続いてすぐに右に曲がる道路が現れ、この先に進めば「やすらぎの丘温泉病院」がある。この病院は、旧跡・大高寺の跡に湧出した温泉を治療に利用している。茨城県内では初めての温泉病院だ。温泉成分は、ナトリウム硫酸塩泉療養泉。「脳卒中の湯」として知られている。

 目指す場所は、大高寺奥の院なので、病院方面とは反対の左側に進む。少し進んで細い道を右折。この終点が目的地だ。
 奥の院境内で最も目立つのは、バンコクのワットサケット住職から寄贈された仏舎利塔だろう。東南アジアと日本の寺院とが不思議な融合をしている。その前には弘法大師像が、しっかりと建っている。

             霊泉7


 小高い場所に古い大師堂がある。

             霊泉2


 木造の掘立小屋のように見えるが、近づくと確かに大師堂であることが分かる。まるで古墳の上に建っているようだ。

       霊泉1


 大師堂の中は暗いが、弘法大師空海が立っているのが見える。さきほどの仏舎利塔前にある大師とは違い、荘厳さがないものの身近な感じさえする。

       霊泉3


 大師堂から見下ろした場所に井戸がある。
 この井戸水が弘法霊水である。

       霊泉4


 弘法大師が発見したわけではない。弘法大師の夢告により、掘られた井戸である。この水は、かつてから眼病に効果があると信じられていた。一度涸れてしまったが、寺の信者がもう一度掘ったらまた湧いたという。

 弘法大師の伝説は国内に数多くあるが、夢に出てきてというのも、それなりにあるのだろう。そこまで語り継がれるのが、弘法大師空海の偉人たる所以かもしれない。 

 ここで水を飲む。思ったより冷たくなかった。冬には快適な温度かもしれない。眼病に効くということなので、運転に疲れた眼にいいかもしれない。

 幽谷に静かに湧く霊水で喉を潤し、大きな息を吐き出した。ここには弘法大師空海が真言第八祖となった青龍寺と同じ空気が漂っている。

 青龍寺監修小冊子「空海」無料プレゼント実施中です。詳しい情報はこちらをクリック!

 確かに弘法大師が夢に現れる土壌は確かにあると感じる。

 余談だが、以前「弘法の霊水」を販売したことがあった。この水は伊豆の霊水だったが、高萩の「弘法霊水」と甲乙つけ難いだろう。

              霊泉8

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://qukai.blog48.fc2.com/tb.php/9-133a4c5f