奇跡の名水・観音霊水と骨伝導 - 霊験巡礼

奇跡の名水・観音霊水と骨伝導

      観音霊水

 長野県南部の山深く、南アルプスの最南端にある遠山郷に龍淵寺という古刹があります。
 この境内に湧き出る天然水が「観音霊水」です。

 戦国時代、遠山氏が領土を収めていたときより約450年、一度も涸れたことのない名水です。

 周辺は中央構造線、遠山赤石構造線、赤石断層の三つの断層が入り組む複雑な地形になっているのが特徴です。この奇跡の名水「観音霊水」は、南アルプスの水脈から、数億年前の石灰岩層を何十年もかけて溶かしだしたものでしょう。取水口は盛平山で、ここに古刹があり、観音様のパワーとともに流れ出しています。

 霊験と奇跡の水ですが、科学的水質検査によっても証明されています。
 PH7.8の弱アルカリ性の硬水で、カルシウムとマグネシウム、炭酸水素を多く含んだバランスのとれた名水(硬度163.7)です。

 忘れてならないのは、硬水とは思えないクセのない「うまさ」です。
 一般的に「きれいな水」の指標とされる炭酸水素ですが、これがきわめて多く含まれています。逆に汚れの指標となる塩化物イオンが非常に少ないのも特長です。
 天然水でありながら常温で半年保存していても、飲料に適するというデータや実験結果もあります。

 龍淵寺発行の会報誌「青龍寺だより」でも、この観音霊水について詳しく解説されています。

 「大自然からの素晴らしいプレゼント。このすぐれた水環境を次の世代に受け継ぐためには、"水と共に生きる"をテーマに、環境保全に対する深い理解と協力が必要です」。

 こんな霊水を味わいながら、水の流れる音を骨で聴きたいものです。
 骨伝導です。

 耳からだけでは聞こえない水の音と、奇跡の名水を堪能します。

 》》 観音霊水には特許技術の最先端骨伝導

 骨伝導きくちゃんを装着して飲む観音霊水に怖いものなし!

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://qukai.blog48.fc2.com/tb.php/88-30c410f4