骨伝導巡礼と特許技術 - 霊験巡礼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨伝導巡礼と特許技術

   骨伝導スピーカーの技術・すごさ

 日本国内・海外特許40件以上(審査中含む)という骨伝導の専門メーカーがあります。海外特許取得国も、アメリカ、イギリス、ドイツ、カナダ、オーストラリア、韓国、台湾、等々と世界規模で、まさに知る人ぞ知る驚嘆すべきメーカーです。

 霊験あらたかな巡礼地への旅に、骨伝導が果たす役割はものすごく大きいものがあります。
 その骨伝導の国際的な特許とは何か、改めて考えてみるのも良いかもしれません。

 このメーカーの名は、テムコジャパンです。

 取得した特許は、「耳孔内(耳小骨)にて音声を拾う」という独自に開発した技術で、音質の明瞭度と装着性が難点とされていた問題を解決しました。

 更に、耳孔へ装着する本体部へスピーカーを組み込むことで、片耳だけで送受話ができる画期的な「イヤーマイクロホン」を開発しました。

 また、骨伝導の特性に合わせたインターフェイスアンプを開発し、更なる音質の改善とハンズフリー(両手自由)操作が可能なVOX(音声起動)回路を組み込み、使い易さを増した製品として1988年3月より正式発売に至りました。

 その後、1998年には骨伝導スピーカーの特許を取得し、幅広い分野で骨伝導製品を開発できる体制を整えたという歴史があります。

 主要納入先も世界規模になっています。

 基本的にメーカーですので小売はしておりません。
 手軽に購入できるのは、販売店のサイトです。それが「骨で聴くドットコム」です。ここではメーカー直販と同様な形態で購入できます。

   ⇒ 骨で聴くドットコムへ

 巡礼地への旅に、難聴者のサポートに、骨伝導の可能性はさらに広がります。
 
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://qukai.blog48.fc2.com/tb.php/82-0714fde9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。