陰陽石巡礼 - 霊験巡礼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰陽石巡礼

           中津川女夫岩1

 岐阜県中津川市に奇岩があります。
 その名も「女夫岩」です。

 JR中津川駅からは西側の位置にあり、桃山公園の中にあります。
 そこで目にするのが、

          中津川女夫岩3

          中津川女夫岩2

 巨大な珍石と割れ目石です。
 二つの岩はこの地にイザナギ、イザナミ神が訪れた時に残していったものという伝説です。

 すぐ脇には神社があります。
 女夫神社です。一説には山上憶良により作られたものだとか。約1300年も前から知られている歴史ある岩だということになります。

 御利益は、家庭円満、夫婦相和、縁結び、安産等というのは、いかにもな感じです。

 ちなみに岩の大きさは、夫岩が高さ8m周囲24m、女岩は高さ4m周囲30mという巨大さです。
 この岩を見た歌人、吉野秀雄は「男の根岩 女の陰石に きほへども 道をへだてて 合わなくも あはれ」と詠んあだそうです。この歌は女岩の裏の自然石を利用して、歌碑として建てられています。

 陰陽石と神社は、まさに日本の信仰の原点かもしれません。
 現代の最先端通信技術が骨伝導ですから、ここで特許技術を活かした骨伝導で通話しながら女夫岩を見るのもよいかもしれません。このコントラストが大きな意味を持ちそうです。

 屋外なのでお勧めは骨伝導サングラスでしょうか。
 サングラスをかけるだけで音楽も聴けるし、携帯で会話もできます。こんな霊験巡礼には最適です。

                 》》 今すぐ骨伝導サングラスを

 古来の信仰と日本の最先端特許技術が交差するとき、新たな旅が始まります。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://qukai.blog48.fc2.com/tb.php/74-38d3907e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。