骨伝導バイク霊験巡礼 - 霊験巡礼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨伝導バイク霊験巡礼

 バイクのフルフェイスのヘルメットであろうとも、重排気音があろうとも、当たり前のように電話ができます。一瞬にしてヘルメット全体をスピーカーに変えてしまいますから、邪魔なイヤホンやヘッドホンは使いません。

 コミュニケーションとバイクによる霊験巡礼旅がお勧めです。特に冬には最適です。

       シェルショカー

 バイク用のハンズフリーはバイク用品店などで確かに見かけます。安いものから高価なものまで、たくさんの仕様があります。ただしよく見てみると、ライダーにとっては必ずしも好ましい状態ではない着脱方法なのがわかります。

 当たり前といえばそれまでですが、通話相手の声を「聴く」ためにヘルメットの中にイヤホンを入れなければならないのです。ところがヘルメットの中の耳が絶えずふさがれている感覚というのは、なんとも違和感があるのは否めません。
 やはりライダーは、

 ヘルメットの中に異物を無理やり入れたくない                              
 ものです。

 そこで、耳を使わないで「聴く」方法が解決します。耳を使わない‥‥? 

 そうです、それが骨伝導の技術です。米軍をはじめとした各国の軍隊で通信機器として使われているものです。

 例えば米軍が爆音の中で、どうやって通信しているのか不思議に思ったことありませんか?

 戦闘機の音と爆発音は想像を絶する騒音です。旅客機ではありませんから、防音設備は完璧ではありません。戦場で操縦士の快適性を求める軍隊なんてありません。そんな中で通信システムが確立されているのはなぜでしょうか?

 そう、それが耳ではなく、骨で聴く骨伝導の技術なのです。

 これはまったく新しい概念から生まれたヘルメット・コミュニケーション・システムといえます。

 骨伝導メーカー・テムコジャパンの持つ骨伝導スピーカーVibraudioの特許技術を利用した革新的な振動ドライバーをヘッドセットに装備しました。

 特許のVibraudioの高性能ドライバーは、携帯電話からの音声信号を強力な振動エネルギーに換えます。その結果、ヘルメット内部に明瞭なオーディオ空間を形成するのです。一般のスピーカーでは実現が難しかった密閉構造が可能になりました。

 しかもシェルショッカーはどんなヘルメットにでも取り付けられ、使用できるようになっています。

 このシェルショッカーについては、『オフロードテクニック』等々の著者で知られるウイリー松浦さんをはじめ、体験された方々からは驚きの声が続々届いています。

 また、骨伝導を扱う「骨で聴く異世界」でも取り上げています。

                      ⇒ 骨異世界
                         「ヘルメットを骨で聴く」

 新春キャンペーン中です。今すぐ申し込む方は ⇒ こちらをクリック!

 シェルショッカーの詳細情報は「骨で聴くドットコム」の ⇒ こちらをクリック!

 骨伝導専門サイトは ⇒ こちらをクリック!

 仲間とバイクで霊験あらたかな巡礼に行くのには手放せません。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://qukai.blog48.fc2.com/tb.php/65-0da96caa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。