小豆島の霊験 オリーブ発祥と胸の谷間巡礼 - 霊験巡礼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆島の霊験 オリーブ発祥と胸の谷間巡礼

 小豆島のおだやかで温暖な気候は、はるか遠い国、ギリシャ発祥のオリーブの樹も受け容れます。

 小豆島は日本で初めてオリーブ栽培に成功した「日本のオリーブ発祥の地」なのです。

 我が国へのオリーブの樹の伝来は、文久2年及び慶応3年に当時、ヨーロッパで薬用として使われていたオリーブを日本でも生産し、新しい薬を作ろうと考えた医師林洞海がフランスから輸入した苗木を横須賀に植えたのが最初とされています。残念ながら、それは成功に至らず、その後もいろいろな人の手によってオリーブの苗木が日本に持ち込まれましたが、いずれも成功することはありませんでした。

             オリーブ
             オリーブ

 そして明治になってから、赤十字社を興した佐野常民、後に総理大臣になった松方正義、産業振興に功績があった前田正名など先覚者の尽力により、イタリア、フランスから苗木が日本へ取り寄せられました。

 明治12年にフランスから輸入された苗木は、勧農局三田育種場及び神戸の同場付属植物園に植えられました。その後神戸の付属植物園は神戸オリーブ園と改称されて農商務省直轄となり、福羽逸人による管理が好成績を収め、明治15年には果実が収穫され、我が国で初めてオリーブオイルの採取及びテーブルオリーブス加工が行われました。しかし、いずれも長続きしませんでした。

 明治41年(1908年)、農商務省がイワシ、マグロなどの油漬加工に必要なオリーブ油の国内時給を図るため、三重、鹿児島、香川の三県を選び、それぞれ一.二ヘクタールの規模で試験栽培を始めました。
 香川県ではこの時、小豆郡内海町西村にオリーブ試験地を創設、519本の苗木が植栽されました。3年後には7kgの実が収穫され、明治44年3月現在で、507本が根づいたと報告されています。

 このうち、香川県小豆島に植えられたものだけが比較的順調な生育を遂げ、以後試験研究が続けられるとともに、農家に普及し、小豆島を中心に香川、岡山、広島などにも栽培が広がりました。

 小豆島でのオリーブ栽培の成功は、栽培に携わった人々のたゆまぬ努力と、そして何より小豆島の温暖な気候風土が、オリーブにふるさと地中海の風を思い出させたからに違いありません。
 こうして小豆島は

「日本のオリーブ発祥の地」

 と言われるようになったのです。

 香川県では、昭和29年にオリーブの花を県花に、そして昭和41年にはオリーブの樹を県木に指定しています。95年余の時を経て、小豆島のオリーブはたくさんの実を結び、今では日本各地にその根を伸ばしつつ、ますます元気に育っています。

 小豆島を一躍有名にした「二十四の瞳」の作家 壺井栄の夫で詩人の壺井繁治はこんな詩を遺しています。

「一朝一夕には、寒霞渓という美しい山はできませんでした。

 美しい風景を保つことも一朝一夕の苦労ではできませんでした」


 小豆島は長い年月が作り上げてきた自然と、それを大切に受け継いできた島の人々の素朴で細やかな人情に溢れています。
 2008年4月22日には、オリーブ植栽100周年を迎えました。

 オリーブの花期は、5月末から6月はじめの約2週間。

 はかないものです。

 乳白色の小さな花を枝いっぱいに咲かせます。四枚の花びらと黄色い二枚の花弁。まるで、笑っているかのような可愛らしい花です。

 しかし小豆島というと、夏には関西方面から多くの海水浴客が訪れ、しかもマナーが必ずしも良いわけではないという一面があります。残念でなりません。

 これから冬に入る時期、来年の夏に向けたバストアップ大作戦をしておけば、小豆島でも大丈夫かもしれません。そんな方に朗報もあります。

 『マーベラスXG』に業界激震! という情報です。

 一般人が大きくなったら仕事が激減する!!
 解禁しないで!

 とグラビア業界からもクレーム殺到中!?

 見つめられる事すらなかったアナタでも、振り返らずにはいられない、服の上からでも目立っちゃう♪ 合コンでもパーティーでも、谷間に視線集中、もう釘付けに!

 この時期のあなたの魅力を存分にアップしちゃう、主役級バストケアサプリです。
 もちろん小豆島ではヒロインに!

  マー1
  マー2
  マー5
マーベラスXG
マーベラスXG
『マーベラスXG』に業界激震「一般人が大きくなったら仕事が激減する!!解禁しないで!」とグラビア業界からもクレーム殺到中!...・・・続きはこちら
販売価格:¥3,129(税込)
カートに入れる
商品詳細ページ



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://qukai.blog48.fc2.com/tb.php/34-9c0fb49a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。