日蓮伝説の北、名湯・下部温泉に封印された謎の加持祈祷所と目の力 - 霊験巡礼

日蓮伝説の北、名湯・下部温泉に封印された謎の加持祈祷所と目の力

          謎加持

  この情報は、有名な温泉地である下部温泉について、従来の温泉紹介では決して触れることのない謎を提供しています。信玄の隠し湯だけが下部温泉ではありません。
 但し、謎・ミステリーではあるものの、その背景には壮大な人間ロマンがあふれているのです。今まで誰も公に語られることのなかったドラマが、温泉地に展開されていたのです。

 中央本線の甲府駅から身延線に乗り換えると、日蓮伝説に彩れた谷間に入っていきます。身延山の手前に山梨の名湯・下部温泉はあります。

          身延線

  湯治場の雰囲気を一部に残すものの、近代的な温泉街に近い風情にもなっています。しかし常識外れの紀行ライター・ドラケン石原(霊験巡礼提携の紀行作家)は、この温泉地に封印された謎の加持祈祷所へと向かいます。

          ⇒ ドラケン石原の情報については「温泉巡礼 奇跡の旅」参照

 日蓮の足跡が残る地域に、真言密教の加持祈祷所がひっそりとあるのです。現在の場所に移る前には、様々なドラマがあったといいます。だが、なぜここに加持祈祷所が? 現在の姿はいかに? 膨らむ期待と不安。

               加持祈祷入口

  この加持祈祷所を調査するため、町の史料・資料を紐解いてみました。しかし、そこからはミステリー色がより強くなるだけです。そこで生き字引ともいうべき古老を訪ねます。下部温泉に封印された真言密教の加持祈祷所の輪郭が垣間見えてきました。それはこの温泉地に展開された「信仰」のドキュメンタリーでした。伝説化しながらも、忘れ去られようとする祈祷所に秘められた物語。名湯として知られる下部に隠された真実の姿が見えてきました。

 謎に包まれ、

 歴史に封印された

   謎の加持祈祷所!


 ここを訪れた旅人は、この地が高野山から続く荘厳な霊場であることを知りません。その霊気はこの祈祷所に封印されているからです。何気なく訪れる温泉観光客には想像も出来ないことです。この情報を知ってしまったならば、たとえ身延山に参拝に行く人でも、ここを無視することはできないでしょう。

 もちろん、この地に来たからには温泉に入らなければ意味がありません。無色透明のやさしい湯は、隔絶された異世界の祈祷所から現実の「癒し」に戻してくれます。生きていることの素晴らしさを実感します。

               不気味弘法

 見よ!

  謎の大師像が見る方向によって、

          表情が変化する!


 ここで扱うテーマは、安物の2時間ドラマではありません。真実の重みと封印されながらも霊気を拡散させている温泉街は、今まで感じたことのない旅気分をかもし出してくれるでしょう。このテーマを扱う旅人は、この情報を手にした人だけに限られること、間違いなしです。

 秘密の場所であるため、この情報を多くの人に知らせてしまうと問題がおきる可能性があります。ただ、そうはいっても非公開というのも霊験巡礼の趣旨に反しますので、紀行ライターのドラケン石原氏の電子出版情報だけお知らせしておきましょう。


          ⇒ ドラケン石原著作
           『信玄の隠し湯に弘法大師秘説?(下部温泉に封印された謎の加持祈祷所)』

 電子書籍のため、読むのはパソコンの画面からになります。
 しかし、ここで問題が起きます。

     視力2

 霊験あらたかな旅を探索しているブログから、目を疲れさせる結果を招いては意味がありません。これは拙いことです。ドラケン石原氏も本望ではありますまい。

 そこで、

     視力1

     視力3

 この商品は只者ではありません。
 中身まで紹介すると、

     視力4

 何とすごい!
 これなら紀行ライターもビックリです。

     視力5

 特許製品という点がすごいじゃないですか!
 やはり特許は強いものです。

     視力6

 価格も安い!
 これは驚きです。今すぐご注文を!

Eye4You(アイフォーユー)
Eye4You(アイフォーユー)
驚きの事実!! 視力が回復!? 瞳もぱっちり!!? 疲れナイ幸せを体感!! 1ヶ月経った時の新しい世界を体感し...・・・続きはこちら
販売価格:¥3,465(税込)
カートに入れる
商品詳細ページ


 追記です。
 特許技術で忘れてはいけないものがあります。
 目はこれでOKですから、耳です。難聴の方でも安心な骨伝導。

          ⇒ 骨で聴く最新特許製品

 視力と聴力の問題を解決して、謎の加持祈祷所へ行きましょう。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://qukai.blog48.fc2.com/tb.php/31-6ccd1ca5