シニア向け巡礼入門 (歩行編) - 霊験巡礼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シニア向け巡礼入門 (歩行編)

巡礼地への旅は、日常生活の空間から離れ、歴史的にも空間的にも「聖なる」ものに触れることになります。
四国霊場のお遍路さんや、観音巡礼だけでなく、日本各地に由緒正しい巡礼スポットが数多くあります。そこへ出かけていくことは自身の精神的な部分に大いに関係してくることです。

逆に肉体的に関係することといえば、健康祈願だけでなく、いわゆる巡礼地を回るためのウォーキングにも効果が現れます。
特に現役引退後のシニア層にはこの傾向が強く、スタンプラリーの延長としての軽い巡礼----霊場巡りから、本格的な「遍路」にまで発展するケースもあります。

日本の巡礼は数箇所をまわる旅が一般的なため、その間の移動を歩くことが健康的なイメージにつながります。

しかし、、、、、、、、

気をつけなければならないのは、シニア層、高齢者は若年層より体力が衰えていることです。
絶対に無理をしてはいけません。大人数で巡礼旅をしていた場合など、他人に迷惑をかけないことを配慮して無理してしまうことがあります。これは厳禁です。

もうひとつ、交通状況の把握、判断力の低下です。

視力もそうですが、意外と自覚がないのは聴力の衰えです。
クルマの走行音、クラクションなど、耳からの情報が衰えていると、巡礼途中でのリスクは高まります。
視力はメガネで補えるとしても、聴力は補聴器--------と、必ずしもならないのが現状です。
老人性難聴は老化により、シニア層になれば多かれ少なかれ症状が出てきます。難聴の種類としては感音性と伝音性難聴の複合だといわれますが、聴力の各器官が老化により衰えてくることが原因です。

しかし補聴器は普及しません。

どうしても補聴器は嫌がる高齢者が多く、しかも定期的に調整しなければなりません。わずらわしく、面倒くさい! そんな方が多いのが現状です。

そこで巡礼旅に最適なのは骨伝導「きくちゃん」です。
骨伝導なので耳を使いません。

衰えているとはいえ、耳からの情報が途絶えるわけではなく、骨からの確実な音声を拾うことで、リスク回避が格段と向上します。しかも骨伝導きくちゃんは必要なときに必要なだけスイッチを入れていれればよいので、常時j使用することでわずらわしいと感じる補聴器のような感覚にはなりません。

シニアの巡礼旅で歩行を重視する方にはこれ以上にない必需品です。
ご家族のかた、安心をプレゼントしてあげてください。

中程度までの難聴の方で、もし購入して聞こえなければ「全額返金」を致します。
さあ、巡礼旅に出かける前に、今すぐ「きくちゃん」をチェック!

     → 返金保証のある骨伝導きくちゃん

クルマを使った巡礼や、バイクでの巡礼についても取り上げていく予定です。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

支援してくれました!

知っておいて損はないはずです。
彼氏に騙されて多額の借金があったんです。
でも、ある方法で私の人生は180度変わりました。
ものすごい金額を手に入れてしまったんです。
不労所得が簡単にできるんです。
本当に知りたいという人だけに教えます。
知りたい方はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
連絡してくれた人だけに、すごい秘密を教えます。

2014-08-18 17:14 | from 新留 | Edit

事実は小説より奇なりでした。

どうしても伝えたくて!こうして書きます。
今まで誰にも助けてもらえず、生活が苦しかったんです。
そんなとき、ある掲示板を知ってしまったんです。
信じれば信じるほど、お金をもらうことができました。
すぐに裕福になれる方法があります。
本当に助かりたい人だけ、連絡してください。
もし知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてください。
すごい秘密を連絡してくれた人だけに教えます。

2014-08-10 01:10 | from 市原 | Edit

トラックバック

http://qukai.blog48.fc2.com/tb.php/270-1913cfa4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。