骨で聴く弘法大師 - 霊験巡礼

骨で聴く弘法大師

hone


 原因不明の奇病に突発性難聴がある。また、ヘッドホンの影響で若年層の騒音性難聴が増加している。聞こえない、耳が遠いという悩みは、先天的な病気の方を除けば、本来は加齢んいよるものと相場が決まっていた。

 しかし、

 現代は誰にいつ訪れるか分からない状態になった。

 この聞こえない悩みをどう解決するか?
 弘法大師空海の霊力だけに頼らずとも、米軍をはじめ各国の軍事技術にヒントがあることを知ったのは、つい最近。考えてもみれば、爆音の中でも通話ができるのが今の科学。

 そう、それが骨伝導という技術。耳ではなく、骨で聴く。

 骨伝導の多くの特許を持つメーカーが日本にある。軍事関係だけに応用していた技術も、一般向けに活かされることになった。補聴器のような大げさなものではなく、誰にでも気軽に使えるのがうれしい。

 具体例を紹介しなければなるまい。

kikucyan


不思議な音を体験するだろう。骨で般若心経を聴いたらどうだろうか?
実は、骨伝導とシータ波の関係は、密教的にも大きな意味を持つ。詳しくは専門家に任せるしかないが、骨で聴く般若心経は科学的にも注目に値する。(⇒骨で聴く)

kikuteru


弘法大師空海の法力を活かした梵字、般若心経、そして骨伝導。これは素晴らしい。

骨で聴くアートアカデミーはこちら
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://qukai.blog48.fc2.com/tb.php/19-96f4de94

美しの湯を骨で聴く

 環八通りの渋滞さえ我慢すれば、高井戸温泉「美しの湯」は快適な場所です。 電車であれば井の頭線の高井戸駅。ズラッと並ぶ車を横目に環八を北上するだけで到着します。 久しぶりに温泉ネタです。 地下深く(1,600m)から湧き出る都会の温泉です。典型的といえるか?...

2008-12-22 13:07 | from 骨で聴く異世界