治療院to医薬品登録販売者講座 - 霊験巡礼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療院to医薬品登録販売者講座

        医薬品登録販売者への案内

 薬事法が改正され、薬剤師だけでなく薬の販売を医薬品登録販売者という資格取得者が取り扱うことができるようになりました。ドラッグストアにも多数の登録販売者が誕生しましたが、一般の方の受験者はまずいません。

 なぜか?

 資格試験に実務経験が必要だからです。
 ちなみにどんな受験資格かといいますと、

以下のいずれかに該当する者。

1. 高等学校卒業かつ、1年間の実務経験のある者
2. 4年間の実務経験のある者
3. 6年制薬学部又は旧4年制薬学部等の卒業者
4. 上記の者と同等以上の知識経験があると都道府県知事が認めた者
1. 旧大検および高等学校卒業程度認定試験の合格者でかつ1年間の実務経験のある者
2. 外国薬学校卒業者

 そして問題なのが実務経験です。これは何かというと、

 実務経験の期間は、下のすべての条件を満たさなければならない。

1. 薬局、一般販売業(卸売はのぞく)、店舗販売業、薬種商、配置販売業に従事していること。
 メーカー、卸売等は除く。
2. 業務内容が以下のすべてに該当すること。調剤事務、配送等、直接販売に従事しない職種は不可。
 ・ 主に一般用医薬品の販売等の直接の業務を行っていた。
 ・ 一般用医薬品の販売時の情報提供を補助する業務又はその内容を知ることができる業務を行っていた。
 ・一般用医薬品に関する相談があった場合の対応を補助する業務又はその内容を知ることができる業務を行っていた。
 ・一般用医薬品の販売制度の内容等の説明の方法を知ることができる業務を行っていた。
 ・ 一般用医薬品の管理や貯蔵に関する業務を行っていた。
 ・一般用医薬品の陳列や広告に関する業務を行っていた。
 ・薬剤師又は登録販売者の管理・指導の下で業務を行っていた。
3. 開設者との間に雇用関係があること。アルバイトやパートでも可。
4. 受験日前日までに、月に80時間以上連続して1年間従事していること。
5. 原則として1ヵ所での勤務であること。
6. 開設者の発行する証明書が得られること。

 と、いうものです。
 これでは鍼灸・接骨・整体・エステ・アロマなどでは、実務経験がネックで受験できないことになります。

 霊験巡礼で旅する人たちは、ウォーキングとしての健康管理や病院に依存しない方々が多くいらしゃいます。病院より治療院に行くことが多いのです。
 しかし、ここで薬の販売ができないことになります。薬事法の改正はセルフメディケーションといって、病院に頼らない社会を目指すものです。これが非常に難解になっているのです。

 そこで巡礼の旅の前に、治療院の先生でもこの資格を取得する方法をお知らせします。
 実務経験のハードルを越える画期的な方法といえるでしょう。

 それが極秘のノウハウです。

            ⇒ 今すぐ確認を!

 霊験ある巡礼旅と治療院は相性が抜群です。
 さらに治療院と薬の販売は本来のセルフメディケーションといえます。

 この朗報を今すぐ!
 
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://qukai.blog48.fc2.com/tb.php/111-52c74da4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。