霊験ある西国霊場を骨伝導とともに自宅で - 霊験巡礼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊験ある西国霊場を骨伝導とともに自宅で

     西国観音霊場

 現在の栃木県岩舟町、かつての下野国都賀郡小野寺郷に生まれた慈覚大師円仁は、15歳で比叡山に入りました。弘法大師空海と並ぶ日本仏教の祖・最澄の弟子となり、42歳のときに遣唐使船に乗り、入唐しました。最後の遣唐僧でした。

 武帝の廃仏により国外退去となり、帰国後、第三代天台座主となりました。さらに後、朝廷から最初に「大師号」を授けられることにもなりました。「大師号」としては、最澄の伝教大師、空海の弘法大師より先だったということが、意外と知られていない事実です。

 この慈覚大師円仁の著作が「入唐求法巡礼行記」です。これは玄奘の「大唐西域記」、マルコポーロの「東方見聞録」とともに世界の三大旅行記のひとつにされています。

 巡礼という行為については、円仁の表記以前から行われていました。ほとんど人類誕生と同時に発生したとしても、決して誇張ではないでしょう。日本では「神宿る」山や島への巡礼は、縄文時代まで遡ることが出来るとも言います。

 その後、狭義の「巡礼」は西国観音巡礼となりました。伝説では、大和長谷寺の徳道(得道)上人が閻魔大王のすすめで発願したといいます。養老2年(718)に三十三ヶ所を選びました。観音様が三十三の姿に変化することに由来するといわれます。

 開祖の説には、他に性空上人や威光上人もありますが、むしろ中興の祖・花山法皇の伝説の方が一般的に知られています。
 花山法皇は冷泉天皇の第一皇子として生まれ、17才で第65代天皇に即位しました。しかし在位期間はわずか2年でした。この退位については「大鏡」「栄華物語」などで、藤原兼家による謀略であるとされています。藤原氏全盛時代の幕開けという渦に巻き込まれた、悲運の天皇だったといえます。
 退位した花山法皇は京を追われ、熊野の那智の滝上流へと向かい、籠山修行を行いました。ある日、熊野三所権現が現われました。そこで、

 徳道上人以降、観音浄土の三十三所を巡る者が絶えている。河内の仏眼上人の案内で巡礼し再興せよ

というお告げをしたそうです。

 花山法皇はお告げ通りにしました。仏眼上人の案内で徳道上人が閻魔大王から授かった宝院を掘り出し、性空上人を先達として西国巡礼の旅に出たのです。
 この伝説が「中興の祖」として有名になりました。さらに、坂東や秩父の観音巡礼を創始したとも伝えられています。

 しかし史実としては不確かな部分が多く、記録に残っている西国巡礼の記述では、天台座主の行尊(1055~1135)の「寺門高僧記」が最古になります。このときは第一番が長谷寺になっています。第一番札所が熊野の那智山になったのは、室町時代以降であるといわれます。

  観音霊場は、天台宗の僧により整備されてきましたが、基本的に超宗派だといえます。
 

     【西国三十三観音】
      ・天台宗 7
      ・天台宗山門派 2
      ・天台宗一単立 2
      ・天台寺門宗  1
      ・高野山真言宗 3
      ・東寺真言宗 1
      ・真言宗御室派 1
      ・真言宗豊山派 4
      ・真言宗醍醐派 3
      ・真言宗泉涌派 1
      ・真言宗智山派 1
      ・真言宗中山寺派 1
      ・法相宗 1
      ・北法相宗 1
      ・救世観音宗 1
      ・粉河観音宗 1
      ・本山修験宗 1
      ・単立 1

 個々の霊場は古寺名刹が多く、巡礼者以外にも多くの参拝者が観光を兼ねて訪れています。その点でも超宗派といえるかもしれません。また周辺の景観でも、那智の滝、琵琶湖、天橋立などの景勝地にも恵まれているのが特徴です。

 そこで西国霊場DVDです。
 単なる映像を映し出すDVDではありません。寺の堂塔やご本尊、寺宝などを紹介するだけでなく、霊場の山主さんにも何人か登場してもらい、寺の縁起や見所、巡礼さんへのアドバイスなども収録しています。

  ◆全4巻
  ◆カラー
  ◆各約50分~60分

 第1巻
西国札所会会長の言葉、青岸渡寺、金剛宝寺護国院、粉河寺、施福寺、葛井寺、南法華寺、岡寺、番外・法起院

 第2巻
長谷寺、南円堂、三室戸寺、上醍醐寺、正法寺、石山寺、園城寺、番外・元慶寺、観音寺

 第3巻
清水寺(第十六番)、六波羅蜜寺、頂法寺、革堂行願寺、善峰寺、穴太寺、総持寺、勝尾寺、中山寺、番外・花山院

 第4巻
清水寺(第二十五番)一乗寺、圓教寺、成相寺、松尾寺、宝厳寺、長命寺、観音正寺、華厳寺、番外・法起院


     ⇒ 今すぐ欲しい方はこちら

 霊験巡礼では、さらにこの霊場DVDにプラスして提案します。
 骨伝導です。

 骨伝導の「きくちゃん」を使ってこのDVDを見れば、さらに霊験あらたかたなことになるかもしれません。

     ⇒ 骨伝導「きくちゃん」の詳細へ

 テレビと骨伝導「きくちゃん」を接続することで、音声が耳だけではなく骨から脳へと伝わります。このときの脳波との関係が意味あるものです。シータ波を生む骨伝導は、それだけで映像の世界へ誘います。
 
     ⇒ 骨伝導から考える「聴く」と脳の関係
 
 自宅でリラックスしているときに、霊感あらたかな観音巡礼の旅が展開されます。骨伝導により観音様の声まで届く感覚と、疑似体験した巡礼の様子が見事に一体化されてくるのです。
 骨伝導で「般若心経」を聴く人もいるほどですから、この「西国三十三所霊場」のDVDとの組合せは言葉にできないほどの衝撃を与えるかもしれません。

     ⇒ 骨伝導専門サイトのTOPへ

 骨伝導と西国観音霊場の旅は終わりを知りません。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://qukai.blog48.fc2.com/tb.php/101-5dc881c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。