謎の巨石群に弘法大師の軌跡 - 霊験巡礼

謎の巨石群に弘法大師の軌跡

 行道山浄因寺、別名「関東の高野山」(詳細はこちら)を北上し、静寂な山間部に入った場所に、謎の巨石群がある。

 足利市の北部、名草という場所である。
 昭和14年に国の天然記念物に指定された巨石群だ。奇岩、巨石が多く、巨石群の中には厳島神社がある。もともとは名草弁財天として祀られていた場所で、明治の新仏分離令により改称しているが、今でも地元の人には「名草の弁天様」と慕われている。

       巨石1


 ここでの伝説は、弘法大師が天女のお告げにより江ノ島(神奈川県)で堂を建て修行していたということから始まる。護摩を焚き、その灰で弁天像を三対つくり、それぞれ三箇所に安置したそうだ。

 その場所は江ノ島、琵琶湖の武生島、そして足利の大勝寺。

 いつしか足利の弁天像が行方不明となってしまった。弘法大師は自らその探索に赴くことにした。この地に入ると、とても香りのよい風が吹いてきた。香りのもとへと足を向け、そのもとが草であることに気付く。これは名草(めいそう)だということで、地名の由来になったという。

 さらに山中をさまようと、突如現れたのが白蛇だった。弘法大師は弁天様の使いに違いないと思い、白蛇の導き通り後を追っていった。すると巨大な岩の前に出た。白蛇は岩の穴に入り、出てこなくなってしまう。弘法大師はこの地に霊示を感じ、この場所こそ弁天様を祀るにふさわしいとして、経文を唱えた。水源の守りに弁財天を勧請し、祠が建てられることになった。
 神社はその岩に建ち、江戸時代に現在の場所に再建された。

       巨石5


 科学的に見ると、大昔、この周辺は水成岩からできていて、ここへ地下からマグマが盛り上がり、約十万年の歳月を経て花崗岩になったらしい。さらに粗粒花崗岩が方状節理に沿って玉葱状に割れ、水に洗われ、風化することにより、球状に残った部分が折り重なったことにより、現在の巨石群ができあがったようである。
 天然記念物に指定されただけあって、貴重なものであるということがよくわかる。

 駐車場から歩いていくと、大きな朱塗りの鳥居を越え、なだらかな坂道が前方に開けてくる。途中までは舗装されているので歩きやすく、周囲の杉木立も手入れが行き届いてる。かなり快適な道だといえるだろう。

       巨石2


 参道はやがて短い石段になった。ここに石で出来た鳥居がある。斜面に沿って登っていくと、上方に巨石が少しずつ見えてくる。弘法大師が白蛇に導かれながら、この巨石の間を通り抜けたというのも、何だか当然のような気がするから不思議だ。

 話には聞いていても、実際に眼にしてみると、印象が異なることはよくある。この巨石群も、突然現れてきた光景はそうでもないのだが、その場に立ってみると、異質な文明世界に入り込んだような気になり、事前の情報が一気に吹き飛んだ。「謎の巨石文明」とでも表現すればいいのだろうか、イギリスのストーンヘンジ、マルタ島のジュガンティア遺跡等々とはまったく異質ではあるものの、自然が創出した空間というより、太古の人間の神秘に満ちた信仰があるように思えてくる。これが太陽巨石信仰と直結することなく、弘法大師伝説が残るということに、お大師様の偉大さがわかるような気がする。

       巨石3


 そんな巨石群の中で、一際目立つのが「弁慶の手割石」。おむすび型の巨大な岩が真っ二つに割れているのは圧巻だ。

       巨石4


 また本殿を見上げる位置にあるのが、「胎内くぐり」。高さは十メートルを越えるだろう。岩に洞窟のような穴があり、案内板には潜り抜けると安産になると書かれている。

       巨石7


 本殿は断崖絶壁の不安定な岩の上に建っている。とても小さな社殿だが、この前に立つと、日常生活の苦悩も試練もいつの間にか消え失せ、瑣末なことでしかないと思えるだけの心の余裕が生まれてきた。この感覚を体験するためにここまで登ってきたのだとすれば、それはそれで何だか贅沢な気もしてくる。

       巨石6


 本殿から「胎内くぐり」の頭上に到る橋を渡ると、奥にはまだまだ道が続いていた。奥の院へ向かう道である。沢に沿っていて、水の流れる音が心地よく、足取りが軽くなる。

 この沢では、水底に金色に輝く砂地を眼にすることもできる。砂金のように見えるが、花崗岩に含まれる金色の雲母が水に流され、堆積しているのだそうだ。

       巨石8


 奥の院には建物があるわけではない。巨大な石が重なり合う場所に小さな祠が乗っているだけだが、この周辺の巨石はかなりの迫力がある。

       巨石9


 近くには「天然記念物名草村ノ巨石群」という石碑があり、簡素なトイレもある。大鳥居の先の林道を車で進むと、迂回してこの奥の院に出てくるようだ。

 東武鉄道で浅草から一本で来れる歴史の町・足利には、こんな神秘的な場所がある。足利学校や足利氏の史跡だけではない。
 江ノ島と結ぶ弘法大師空海の伝説もまた興味深い。

 ここは弘法大師空海との、もうひとつの「同行二人」の場所としては最適かもしれない。
 またこの雰囲気を堪能したら、ぜひとも中国の青龍寺にも行ってみたいものだ。おそらく共通項があるはずだ。

 青龍寺が監修した小冊子「空海」は、現在無料プレゼント中なので、まだ手に入れていない方は、下記から入手するのが賢明だろう。

  ⇒幻の小冊子「空海」プレゼント詳細ページへ
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://qukai.blog48.fc2.com/tb.php/10-7fdc75a9